• オフィス移転

オフィス移転で生産性向上!事務所移転での働き方改革とは

「事業の拡大・増員で今のオフィスでは手狭になってきた..」
「アクセスのよい立地に移転して営業効率を上げたい」
などのお悩みが出てきたときオフィス移転(事務所移転)を検討する企業が多いです。
オフィス移転をすることで、社員のモチベーションや生産効率の向上が期待できます。

もっとも、オフィス移転の際にただレイアウトを変更するだけでは高い効果は見込めません。
移転の際は、オフィス機能も併せて見直すことをお勧めします。
移転に伴い、より柔軟で効率的な働き方を叶えるオフィスを実現するためのポイントを解説します。

 

オフィス移転で押さえておくべき検討事項

 

オフィス移転が決まれば、移転完了までたくさんのタスクが発生します。
まずは、実際に移転に入る前に移転開始から完了までのタスクを書き出してみましょう。
オフィス移転のためにクリアしていくべきタスクは、いくつもあります。

たとえば、

  • 現オフィスのこと
  • 新オフィスのこと
  • 基本のレイアウト
  • 部署ごとのエリア分け
  • 内装デザインや機器の選定
  • 業者の選定、工事の打ち合わせ

などが挙げられます。

タスクの洗い出しを行うと同時に予算や退去日、工事日などが決まってきます。
予算とスケジュールが決まれば、その期間内に決められた予算でタスクが完了できるよう計画を練ることが可能です。
オフィス移転は思いつきで進めるのではなく、きちんと計画を立ててタスクを確実に実行していくことがポイントです。
しっかりとオフィス移転のプロジェクトを立ててから移転に臨みましょう。

 

オフィス機能の見直しで働き方改革

 

近年では、改めてオフィスの重要性が見直されています。
従来のオフィス移転は、人員の増員や営業効率の観点から移転を検討することが多くありました。
最近では、社員がよりよい環境で働けるよう働き方改革の一環でオフィス移転を検討する企業が増加しています。


オフィス環境を整えることで、社員のモチベーションが向上が期待できます。
より理想の働き方ができるオフィスに移転することは、心機一転となり新たな働き方へ挑戦するチャンスになります。
オフィス移転の際はレイアウトだけではなく、社員が柔軟に働けるようオフィス機能もしっかりと見直しましょう。

 

オフィス移転での業者選びについて

 

 

オフィス移転をの際は、移転を一緒に行うパートナー(業者)選びも非常に重要になります。

移転後もさらなる増員などの要因でオフィス機能の変更などが発生する可能性もあります。
今後も継続的に付き合っていけるパートナーであるかといった点も選定の際のポイントの一つとする必要があります。

ビルディングデザインは、オフィス内装を中心に多くの経験から高品質な工事をお届けしています。
お客様のご要望をしっかりとお伺いし、+αの提案で理想の働き方ができるオフィスを実現いたします。


働かれる社員の方がもっとも使いやすく、快適に働けるオフィス環境をご提供することが可能です。
オフィス移転を検討し始めたらまずはビルディングデザインへご相談お待ちしております。

関連するトピックス