大阪駅前第3ビル様 原状回復工事

施工前
前陶芸教室であったお部屋です。
軽鉄工事
他の器具との兼ね合いもあり部分的に補修します。
下地に手を抜くと仕上がりにはっきり影響が出るため念入りに補修します。
 
クロス下地処理
ボード貼り補修面以外に継ぎ目も全てパテ処理を3工程に分けて行います。
今回、天井はクロス貼りになり原状の塗装とは相性が悪いので、クロスの吸着が良くなるよう密着シーラーを塗布します。
 
天井クロス貼り
天井のクロス貼りは1人では綺麗に貼ることが難しいためなるべく2人で貼るようにしてます。

2人で貼ることによってクロスの柄も歪まず綺麗で、糊が乾くことなく貼れるので浮きもなく仕上がりも良いです。
 
壁面クロス貼り
パテ処理を行った後、パテの擦り忘れや浮きがあることに気づくことがあります。
クロスを貼る前にこういった忘れがないかどうか手で触って探りながらクロスを貼っていきます。
塗装工事①
今回鉄部の箇所はお客様より白くしたいとのご希望があったので白で塗装します。

元の色がこげ茶だったため白く塗ってもすぐに元の茶色が透けてみえてくるので、2回塗り以上は最低限行います。
塗装工事②
既存のシャッターがだいぶ汚れていたのでこちらも塗装します。
シャッターは凹凸があるため1枚ずつ羽根刷毛で塗っていきます。
 
サッシ工事
店舗区画のフロアのため入口廻りに壁がないためフロントアルミサッシを取付けます。
10坪の小さなお部屋なので入口側をトーメイガラスにしました。
トーメイガラスにすることでお部屋も圧迫感がなく広く感じます。
 
 
照明器具取付
LEDの照明器具を取付けます。LEDベースライトは照度の能力によって明るさが大きく変わります。
照度が上がれば値段も上がるので照度を抑えがちな事務所も多いですが、ストレスのない明るさを提供できるようメーカーにこのお部屋の最適な照度を設計してもらいそれに従って器具を選びます
 
 
サイン工事
このフロアは店舗区画のため天井に電飾看板を付けていました。
こちらを利用して社名サインをカッティングシートで加工した文字を貼付けます。
 
 
施工後
写真は内装の施工完了後を撮ったものです。
天井・壁を白系のクロスで仕上げた分、事務所を広く見せ元の暗いイメージをなくすことができました。
 
 

Follow me!

お気軽にお問い合わせください
06-6319-6300
受付時間 8:30 ~ 17:30
[土・日・祝日除く]

©ビルディングデザイン株式会社 All Rights Reserved.