大阪市淀川区某テナント様 館内移転工事

今回は某ビル館内移転工事です。
事務所が縮小になるのですが、転用する荷物が多くレイアウトは難しかったです。
こちらのテナント様はデスクワークが大半のため、ワークスペースを中心に動線を考える事で圧迫感がなくストレスの感じにくいレイアウトができました。
Pマークを取得されているテナント様でしたので事務スペースと受付をパーテーションで区切りました。
スチールパネルのパーテーションにしてしまうとスペースの関係上圧迫感がでるため、今回はガラスブロックパネルを採用しました。
開放感を与えつつプライバシーも守れるよう透明ガラスにフロスト調フィルムを貼ります。
間仕切工事では忘れがちな消防設備。
通常完全個室になると感知器等の増設が必要ですが、今回はお客様のご予算が限られていたためランマの部分をオープンにすることで、消防設備の設置基準をクリアしコストを抑えました。
レイアウト、パーテーションが決まれば次は各デスクにコンセントを配置する電気設備の作業です。
事前に最寄りまで仕込んでいたコンセントタップをレイアウトの決まったデスクに設置します。
最後に電話、LAN配線の工事です。旧事務所から移設した電話主装置の設定、アドレスの確認作業をします。
信号が確認でき、事前に仕込んでいた各電話機・FAXの配線と結線し問題なく作動しました。
今回は移転が決まった日から工事まで期間が短くNTTの配線工事がギリギリでした。
今後移転をお考えのお客様はNTTの工事予約は1ヵ月以上はかかるものと認識いただけると移転後の営業も心配なく開始できると思います。

 

Follow me!

お気軽にお問い合わせください
06-6319-6300
受付時間 8:30 ~ 17:30
[土・日・祝日除く]

©ビルディングデザイン株式会社 All Rights Reserved.